今が旬!「東物目鉢鮪」

ファイル 32-1.jpg
黒潮と親潮がぶつかり合う三陸沖は、世界三大漁場の一つとして有名です。

その三陸沖の延縄漁で漁獲される目鉢鮪は通称「東物」と呼ばれ、

味・鮮度・品質共に最高の評価を得ています。

春、産卵を終えたものが夏場にいわし、さば、いかを食べ、脂がのり

旬を迎えます。

10月後半から11月いっぱいまで安定供給が続きます。

鮮やかな赤身を持ち、刺身はもちろん、フライやソテーなどにも

ぴったりです。 是非ご堪能ください。

Date:2012.10.28

Page Top